ワーママkikineの全力頑張らない宣言

狭小賃貸で家事も育児(0才)も頑張らないようにあれこれ考えるブログ

【予定日超過】41w5d、管理入院からの誘発点滴で経膣出産しましたレポ

もう一年前の話ですが、息子の出産記録です。息子は予定日を過ぎても全く生まれる兆候がなく、41週になってしまい管理入院し、最後は誘発の点滴を使ってなんとか経膣で出産しました。いやめっちゃつらかった・・・という話です。

 

f:id:kikine888:20200820215816j:plain

ずっとTwitterのヘッダーにしている「41w6dまで正産期」の画像

妊娠から予定日までは所見なし

妊娠から予定日までの間は特に診察の結果で何か言われるということはなく、普通に産まれるのかなと漠然と思っていました。

ちなみにわたしはアラサーの初産。体型はまあ普通の範疇。

自分で言うのもなんですが、何も特筆することのない、普通の妊婦でした。

それなのに・・・

しれっと予定日超過

Twitterでフォローしていた同じくらいの予定日の方々が次々と出陣する中わたしは全く産まれる気配がなく、何もかも今まで通り。

前駆陣痛とか、よく張るようになったとか、全くなし。

予定日ごろの検診で「41w0dから管理入院です」と言われ入院の申し込みをしました。

(予定日超過でいつから入院や医療介入するかは病院や医師のの方針によります)

超過しているといつ破水するかいつ陣痛かと毎日ヒヤヒヤするので、はやく入院してこまめにNSTしてもらったり診察を受けたりしたいなーと思いつつ、荷物を確認したりギリギリ賞味期限を迎えてしまった出陣用のお菓子を食べたりしました。

一応長めの散歩に出てみたりもしましたが1~2回張ったくらいでほぼ何も起きず。

41w0d 管理入院初日

待ちに待った管理入院開始!!

荷物が多かったのでタクシーで病院に向かいました。

いやあ、まさか、破水も陣痛もしていないピンピンの状態で病院に向かうことになるとは。

早速病室でNST、異常なし。

夕方内診。なぜか子宮口見つからず、奥まっている模様。要するに完全に生まれる気配なし。

41w1d〜3d 何も起きない管理入院生活

入院といえどどこも痛くないし悪くないし、ただの元気な妊婦。はじめての入院だったのでお泊まりキャンプ気分でした。笑

ごはんも三食用意してもらえて楽ちんだし、看護師さんは優しいし・・・!

時間がいっぱいあったので、助産師さんの助言のもとで外出許可をとって病院の周りをウォーキングしたりしていました。

そして4dまでなにもなければ、それ以上は羊水の質が下がってしまう可能性があるので誘発点滴入れましょうということに決定。(これも病院の考え方による)

2d頃に内診の影響か本物か不明のおしるしがあったくらいで、張りも少なく気配なし。

もしかしたらギリギリの日にいきなり生まれたりしちゃうかも!?と期待する気持ちも若干ありましたが・・・なにもなく・・・最後の朝を迎え・・・ついに点滴予定の4dが訪れたのです。

41w4d 誘発点滴開始

7:00 出発宣告

10時くらいになると思うよーと言われた10分後、やっぱり今からで!と出発を告げられました。分娩室の空き具合の都合らしい。

朝ごはんまで時間があったので、エネルギーとしてゼリー飲料を1本食べました。

8:30 分娩室へ移動

荷物全部持って分娩室に移動。(陣痛室がない病院)

もし誘発中断したら全部荷物ごとこの病室に戻るのかとソワソワ。無事に出産して産後の病室に行きたい〜。

出てきた朝ごはんをしっかり完食、ばっちりトイレ。

9:00 誘発点滴開始

内診して子宮口は3センチ(1週間ずっとこのくらいだった)。

そして点滴開始。

誘発の点滴は30分ごとに少しずつ増量していくシステムで、それによってちょっとずつ痛くなっていくとのことでした。

開始すぐはちょいちょい張る感じはありましたが痛みはなく、バケツで足湯して血行を促進したり、ストレッチしたりしてました。

11:30 お昼寝

眠くなってきましたって言ったらお昼寝OK!即寝。

12:30 起きてお昼ごはん完食

13:00 痛み開始

内診グリグリされ、先生に「まあ赤ちゃん元気いっぱいだし焦らずいこう」と言われる。

陣痛を促すため階段昇降(踏み台に乗ったり降りたり)をしてたら、張りのピークで痛み感じるようになる。3分間隔。

でもまだ痛くても「あーちょっと痛くなってきましたー」くらいで階段昇降は続けられるレベル。

14:00 割と痛くなってくる

2分間隔くらいになってきて、しんどいのでベッドに横たわる。うーーーんとこらえるレベル。

14:30 おやつ

フルーツ入りしらたまが出てきてテンション上がり完食。

14:50 高位破水

なんか股からちょろっと出る感覚があり、チェックしてもらうと破水!!

やっとそれらしい兆候が見られてやる気が出る!!

15:00 内診

もともと点滴は15時までを一区切りとして、「当日産まれそうなら続行、産まれなさそうなら中断して翌朝再スタートにする」と言われていました。(たぶん夜勤は手薄なため)

その命運を分ける内診・・・結果は・・・

子宮口4センチ!!めっちゃ微妙!!!いや、ほぼ進んでないww

先生にも「進んで無いわけじゃないけど、今日産まれるかというとそうではない」と割とはっきり言われ、判断はほかの先生とも相談するとの事で保留に。

保留か〜〜〜・・・やめるなら早くやめたい・・・。。

でもだいぶ痛くなってきてて、ずっと3分間隔くらいで痛みが増し続けてる疲れもあり、明日に持ち越すより今日ケリをつけたいという気持ち。「継続になりますように」と痛みに耐えながら祈りました。

確かこの辺で1回目の嘔吐。さっき食べた白玉も昼ごはんも出してしまった。原因は痛すぎ?生理痛でも痛すぎて吐いたこと何回かあるので、そういう体質なのかな。

15:30 割と痛い・・・陣発認定

とかなんとか言ってるうちに、ここにきて陣痛が本気出し始めた。破水したから?

痛みをこらえるのに声が我慢できなくなってくる。

ここで「陣発認定」される!(いや今までのは・・・?w)

病院の決まりで、陣発認定=陣痛が来てると分娩室に居座れるらしい。(逆にここで陣発認定されてなかったら病室に帰されてたということ!あぶなかった!)

そのため17時まで点滴延長に決定。

ここで、産まれる見通しはないけど痛くてしんどくてムカついてきたので仕事中の夫を呼び出す。

16:30 夫到着

17:00 点滴外す、内診して子宮口6センチ

進んではいる、と言われる。

でもさっきもそれ言われたし、あまり期待しないようにする。

このまま分娩室で様子見。

18:00 ちょっと休憩

点滴外したら陣痛が5~10分間隔に伸び、なんとなく息がしやすくなった気がしました。今思えばつかの間の休憩だった。

ベッドから降りてソファに座ってみる。痛みが来ると痛いけど、合間は話が出来る。

でも夜ご飯は1/3しか食べられなくてウィダインゼリー1本摂取。脱水対策の点滴いれる。

18:30 2回目の嘔吐!!!

うわーーん、せっかく食べた夜ご飯もウィダインゼリーも出てしまった!!

Twitter情報で産むにはエネルギーが大事って聞いてたのでテンション下がる。でもほかになんも食べる気しなくて諦め。

(なおウィダインゼリーは非常に吐きやすくてよかったです、オススメ食材。)

このあたりでいよいよメンタルが折れ始める。

5~10分くらい感覚の陣痛はきてるけど進みが遅いし、痛いし、このまま産まれなかったら夜通し痛い上に明日の朝から促進剤の点滴と思うと泣きそう。

点滴外してわかったけど、点滴ありの陣痛はつらい。

ただただギューっとなって痛いし、産まれないのに2~3分間隔で実質休むヒマがない。

点滴なしの方が痛みが底から来てて全体的な感じだし間隔もあく。

それでももうこの頃は唸らないとれこらえられない。痛い時「うーーー」って言ってた。

生理痛重い方だし頑張れるかもとか思ってたけど全然まじ無理ゴメンナサイだし、世の中のお母さんだいたいみんなこれ乗り越えてるとか信じられない・・・とか考えてた。

22:00 内診、"泥"作戦開始

この頃もう力尽きてきていて、体力温存のためできるだけ唸らないで脳みそをシャットダウンして無言で耐える方針に変更。

自分のことを泥だと思って痛みと脳みそを分離するように心がけてやり過ごす。

(これを"泥"作戦と名付ける)

ってか実はソフロロジーを勉強して挑んでいたんだけど、全然実践できてない。この泥作戦がソフロロジーの知識があったのでちょっと取り入れた結果だけど実際はソフロロジーとは言い切れない笑

これ以上心を平穏にするのは無理でした。

痛くても力んじゃだめって言われるので、そのためにも唸るより泥作戦の方が力まずにいられる。

でも、痛みが「痛くなり始め→ピーク→痛くなり終わり→腰の痛み→おしり周辺の痛み」といろいろフルコースで1セットになってきてて、腰までは無言で我慢できたけど、おしりのターンだけどうしても我慢できなくて、「おしりぃぃぃ」って叫んで助産師さんか夫におしり押さえてもらいつつめっちゃ唸ってしまってた。

今思うとちょっと笑える笑

でもおしり押さえてえてもらうの大事でした!一般的にはテニスボールで強めに押してもらう感じって聞いてたけど、わたし的には「そっと押さえてもらう」のがよかったです。強めに押されると「いやいやいや痛いに痛いを重ねないでくれ!!」ってなりましたw

あとずっとNSTつけてたので、夫に張り計の数字が下がりはじめたら教えてもらってました。痛みが終わりに近づいてると思うと頑張れたので。

23:00 筋肉注射

あまりにつらそうな上に産まれそうにないわたしを哀れんだ(?)助産師さんの提案で、麻薬みたいな成分(うろ覚え)の筋肉注射を打つことに。

明日の点滴のために少しでも寝て体力を温存するという目的で、痛みなどを和らげると聞いたような・・・。明日の点滴前提なのは恐怖でしたが、楽になりたい一心でお願いしました。
なるべく休んでね、とNSTも一旦取り外し。ブスリと二の腕に刺してもらいました。

41w5d 日付変わって、いよいよ・・・!

~1:00くらい 仮眠→本気の陣痛スタート

ほとんど注射と同時に寝たというか気絶したというか、記憶が途切れました。でも・・・

すごい痛くなって起きた!!!!痛い!!!

(と思ってたけど、あとから助産師さんに聞いたら「ほとんど寝てなかったと思うけど」って言われ真相は謎。)

これがガチ陣痛のはじまりだった・・・

いや、今までのはガチじゃなかったんかい・・・という絶望もありつつ、段違いの痛さでした。

このへんから時間も流れもよく覚えてない。

すごい痛くなって耐えられなくなって、腰のターンとおしりのターンで力入れちゃだめって言われるからがんばって脱力するんだけどうまくできなくて、「できなぃぃいいい」って本気で子供みたいに泣いてました。

1スパンで1回でも唸ったり力入れたりしちゃうと途中で止められなくなるので、とにかく1度もやらないようにする、とにかく泥、泥、泥・・・なんですが何回かに一回はできなくて、自分はつらいし、赤ちゃんもつらくしちゃっただろうし、と自己嫌悪でまた泣いたり。

3:00くらい? 本気の破水

陣痛を堪えてたら、「あ、なんか出る!やばいです!出る!」ってなって、わたしは赤ちゃん出ちゃうんじゃ!?と思って焦ったら、バシャーーと破水の水がめっちゃ出ました。

びっくりした〜!!

そしてとにかく動きたくない。NSTのつけ直しとかで助産師さんに仰向けになってとか言われるけど「やだぁぁ」ってゴネたりしてどんどん自分の方が赤ちゃんになっていってた。

だって痛い時は動きたくないし、痛くない時は休みたいんだもん。

5:00くらい? 子宮口ついに10センチ!!

やったーーー終わりが見えた!

しかし、同時に赤ちゃんの下がりがイマイチと絶望を突きつけられる。

何これ全然うまく進まないじゃん・・・出産こわ。

そのため助産師さんに1回椅子に座ってみようと言われ、しぶしぶ専用の椅子に座り、ベッドに手をついて、何度か痛みに合わせていきんでいいと言われたので初いきみ。

我慢するよりはラク!!5回くらいやってベッドに戻った。

(あとから助産師さんに聞いた話、このとき助産師さんはわたしがいきむときおしりに手を当ててて、その感触でどのくらい赤ちゃん下がってるか判断してたらしい。助産師さんすごい)

(この椅子に座ったので一気に進んだ!!!的確な判断!!!)

「よし、準備しよう!」って助産師さんが言ってるのが聞こえ、分娩台がトランスフォームして、ベッドの下半身部分が左右に分離して足置きになった!変身ロボットみたい!

足が汚れないように使い捨て足カバーはめられた!

テレビでよく見るオペみたいなハサミみたいなカチャカチャした台がきた!

と、一気に「産まれるモード」に。

うお〜〜頑張るぞ〜〜!!と言いたいところだけど、いかんせんもう死にそうで、いまやめていいって言われたら迷わずやめるレベル。

夫に「もうちょっとだよ、がんばって」って言われたけど、正直もう、あとちょっともがんばりたくないんですけど!と思った(けどそれを言う元気はなかった)

まあやるしかないんだけど。とにかく一刻も早く終わりたい。

陣痛の合間を縫って導尿。若干これも痛くて、すぐ文句言う赤ちゃんになってたので「いたいー」って喚いた。(大人が、すみません。)

そしてついについに!!いきみOKの指示!!!!!

「うんち出す感じで!」って言われて最初よくわかんなかったけど、助産師さんに「それそれ、上手!」って言われたように軌道修正して3回目くらいで理解。

おしりをベッドにつけて、おへそを見て、息を止めて、うんち!!!(心の中の掛け声)

(そりゃ間違ってうんち出るわと思った)(ほんとに100%うんち出すのと同じ力の入れ方)(点滴前にうんちしてあったしその後は全部吐いたのでうんちは出なかった多分)

んーーって3陣痛くらいいきんで、かなりドゥルンドルンもごもご出てきてる感覚があった、し、はさまってる感覚もあった。

でも、

「あたま見えたよー!!触ってみる!?」

って言われて触ってみたら脳天ピンポン玉くらいがギリギリ触れるくらいで「意外とまだだった」って言ってしまったw

ドゥルンドルン感じてたのは子宮口から出てきてる感じだった・・・!?

でもいきんでると赤子の心拍が下がるというので鼻に酸素のチューブをつける。

(酸素のチューブって想像より存在感ゼロだったなあ、もっと格段に気持ち良くなれるものかと思ってた)

意識して鼻から吸って口から吐いて、いきむ。

いやいやもうほんと終わって欲しいから頑張ってるけどかなり限界超えてる、、、いきむってフーンくらいじゃダメじゃん、ウグィィイイイぐらい頑張らないと出てこないじゃん、、、!!!

でもかすかにソフロロジーのこと思い出して、「赤ちゃん頑張れー」って何回か声かけた。これはやってよかった、口に出すことであともう少し頑張ろうと思えた。

最後のほう陣痛1回ミスっていきみ損ねて、でも心拍下がり気味のため先生登場。会陰切開を告げられる。

会陰切りたくなかったのでテンションは下がったけどそれどころではないのでお願いする。ジョキ。

それから2~3陣痛がんばって頭半分くらい出たところで更に鉗子分娩を告げられる。

もはや一刻も早く終わりにしたかったので「ぜひ!お願いします!」って感じで鉗子をつける(そこそこ痛い)。

6:30くらい 出産!!!

最後の最後、なんとかいきみに合わせて引っ張り出してもらって!赤子は泣き!嬉しいとか感動とかよりもう何よりもう無事に終わってよかったーーー!!!とホッとした気持ちでいっぱいに。

時間もかかってたし、心拍低下もあったので本当に無事に生まれてよかった。

赤ちゃんは一回シート越しに胸に置かれて挨拶して、診察のため別室へ。でもすぐ戻ってきて、特に問題なく元気ですと言ってもらえました。

カンガルーケアで上半身脱いで胸の上に。うごうごしててめっちゃ可愛い。がんばったね。

そのままわたしは下半身の処理してもらってたんだけど、その間にさっそくお腹の上にうんちされました笑

それすらも可愛く思えて自分にびっくり。

新品の産褥ショーツは汚れた。(胎便は手強いw)

その後は会陰縫合、赤子の身体測定、自分も身体拭いたり着替えたり、自分の尿でるかチェックしたり、写真撮ったり。

9:00頃 赤ちゃんと一緒に病室へ

早速朝ごはんが提供されたけどほぼ食べれず、ウィダインゼリーを1本を食べた。ゼリー飲料はほんとエネルギー補給として優秀!食欲なくても食べれる!日持ちもするし余分に持っていて損はないです!

この病院、この瞬間から母子同室。「赤ちゃんここ置いときますねー」ってベッドの横にコット置き去りにされたときはエッって思ったけど、可愛さ10000%を独り占めできて幸せでした。

まとめ 予定日超過して42週まで産まれなかったけど今となっては大した問題ではない

というわけで、予定日超過して管理入院した上にリミットを迎えて誘発点滴になりましたが、無事に出産することができましたし、赤ちゃんは元気に一歳になりました。

分娩室入ってから24時間かかったけど・・・点滴も陣痛もめっちゃつらかったけど・・・でも、もう今となっては大した問題ではありません。

まあどのタイミングでどんな方法で産まれることになっても出産がつらいのは一緒ですよね。

予定日なんて目安!!!

41w6dまで正産期!!!

こちらのブログによれば出産する半分の人は予定日超過しているらしいし、早く産まれる人もいれば遅く産まれる人もいるんですよね。

manga-mokuroku.net

まさに予定日超過で不安だった頃に読んだ上記の記事、オススメです。

しかし出産から一年経過しましたが、まだもう一回妊婦と出産をやりたい気持ちにはならないので今のところ2人目のことは考えていません笑